FC2ブログ
        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク
                 
        

【注意】Siriを活用されれば個人情報が盗まれる?

2016/ 11/ 20
                 
スポンサーリンク

驚くべき記事発見!

何と、Siriをうまく使われると例えロックしていても個人情報が盗まれる可能性があるらしい。

siri1.png

ロック中のSiriをオンにしている場合
「私は誰ですか?」
と、問いかけるだけで答えを教えてくれる。

次に割り出した番号に、他の端末から電話をかける。

その番号に対してテキストメッセージを返信する画面を立ち上げる。

この際も、ボイスコマンドーで司令すればテキスト作成画面が立ち上がる。

そしてこの時点でボイスオーバー機能をオンにするとタップ操作が可能になる。

その後はスクリーン上の適切な場所をタップしていけば、連絡先情報や端末内部の写真にアクセスする事が可能になる。

この手法は、パスワードロックがかかっていても、touch IDが設定されていても有効。

脆弱性はiOS 8.0から10.2の全てのバージョンに存在する。

ロック画面からSiriが使えないのは不便かもしれないが、アップルが正式にアップデートで対応するまでは、「設定」→「touch IDとパスコード」→「ロック中にアクセスを許可」→Siriをオフにする。

ハッキング被害を防ぐ為には、早めの対策を!

AI(人工知能)は賢いが、時として賢すぎる故に、それを逆手に取ればいいように使える。

だけど賢さを逆手に取る人間は流石に賢い。

まだまだAIよりは賢いですね!

賢い…何回言ったかなw


因みにSiriに「イライザは誰?」と聞くと

「イライザは私の最初の先生でした。」と答える。

イライザとは、初期の素朴な自然言語プログラムの1つで対話型だが音声プログラムではない。

ただそれだけの事なんだが、他の有名な人を聞くとウィキペディアをやたらと勧めてくるのに、イライザの事になると、多少はぐらかされながら、以前は…という流れになる。

わかんないけど
何か意味深な気がするw

以上でーす!
こんな記事出てたから、絶対試す人出てくるとおもうので、設定お忘れなく〜!

スポンサーリンク
                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。