FC2ブログ
        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク
                 
        

薄毛に悩む女性必見!「ドクターズシャンプー」スカルプD ボーテ が話題!?

2016/ 11/ 21
                 
スポンサーリンク

最近話題になっている「ドクターズ シャンプー」

無題


女性誌各紙で取り上げられている
:@Cosume 口コミランキング1位(2016年6月~8月)
:楽天市場 総合部門1位(2016年6月)
:VoCEゲッカンランキング1位(2016年8月)


最近髪が薄くなってきたと思っている女性にお勧めの「シャンプー」

その名も
【スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー】
通常価格 3,900円

なんと、あの有名な「スカルプD」
4つの専門資格を持つ医師と共同開発で作った「ドクターズシャンプー」との事。


●ドクターズシャンプーとは?

専門クリニック等の臨床現場からの知見を取り入れ
毛髪・頭皮に着目して商品開発を行ったシャンプー


「スカルプD ボーテ」のドクターズシャンプーは皮膚科学に基づき、“頭皮の菲薄化”に着目しました。菲薄化することで抜け毛・細毛などの髪悩みをはじめ、白髪や毛髪・頭皮の乾燥の原因とも言われています。

更には、お肌のたるみに影響を及ぼすことから、菲薄化にトータルアプローチする厳選した天然植物由来成分を凝縮配合。頭皮の菲薄化によって引き起こされる髪・お肌の劣化を防ぎ、女としての劣化までケアしてくれます。


http://www.sd-beaute.angfa-store.jp/引用



菲薄化(ひはくか)とは
真皮膚にあるコラーゲンやエラスチンなどが減って、新しく肌細胞を作る力がなくなり、表皮が薄くなる事。

スカルプD ボーテ3つのこだわり

◆成分
植物のチカラで髪本来の美しさを呼び起こす
・スカルプDボーテは、天然植物由来の成分が約8割。
さらにトレーサビリティ(品質の追跡可能)が明確で、安心・安全の度合いが非常に高い、国内産の天然植物由来の成分が約2割も配合され、敏感な女性の頭皮や頭髪の事を考えて作られている。

※天然植物由来(成分)とは
・主に食品や化粧品、医薬品などに含まれる、ある種の成分の総称。
天然植物由来の特徴は以下を参照
:人体に害がない/どれだけ摂取しても人体に害はなく、赤ん坊や病人にも安心して使用できる。
:地球にやさしい/環境に負担を与えない。生産時にも環境負担を与えない、つまり製造コスト0。

◆処方へのこだわり
贅沢成分を頭皮奥まで浸透させる
・どんな成分も届かないと意味がない。
スカルプDのナノ技術を活かした「Dカプセル」をスカルプDボーテにも採用され、毛穴の1/2000サイズのカプセルが奥まで浸透し、贅沢配合している天然成分や有機成分など必要な成分を頭皮に届ける。

◆仕上がりのこだわり
心地よい洗い心地と翌朝もわかる髪の変化
・アミノ酸系の濃密な弾力泡が、潤いを守りながら汚れを落とす。
さらに、ボリュームアップケラチンが細くなった髪を外側からケア・ボリューム豊できしみのない髪へ導く。

頭皮に要らないものは不要
例えば
・石油系界面活性剤
・シリコン
・バラベン
・フェノキシエタノール
・合成着色料
・合成香料


など。


頭皮の3タイプがある。
脂性肌・乾燥肌・混合肌





スカルプDボーテを使うとこんな感じになるらしい。(参考までに)
脂性肌タイプ→さわやかさが一日持続、頭皮のかゆみも減る。
乾燥肌タイプ→頭皮が健康に、うるおい続く。
混合肌タイプ→ツヤが出てしっとりとまとまる。

一般的なオーガニックシャンプーより
・泡立ちがよい。
・洗浄能力が高い。


*しかしオーガニックシャンプーも、香料・着色料・界面活性剤などの科学成分を使用せずに、天然成分を主原料とした無添加シャンプーなので、一般的に出回っている石油系を原料としているシャンプーに比べて断然オススメ!!


頭皮タイプ別のケアから
理想の髪へ導いてくれるはず。


●種類
:スカルプDボーテ ボリューム
:スカルプDボーテ トリートメントパック
:スカルプDボーテ モイスト
:スカルプDボーテ トリートメントパック モイスト
:スカルプDボーテ スカルプ エッセンス(育毛剤)

と、自分の状態にあったものが選べる。


薄毛が気になる女性の方は、試してみては?




スポンサーリンク
                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。